新着図書

らぷらすでは、男女共同参画社会・ジェンダー関係を中心に、図書資料を収集しています。
新着資料をご紹介します。

『ムーミンの生みの親 トーベ・ヤンソン』 上遠恵子著 翔泳社

『ムーミンの生みの親 トーベ・ヤンソン』 上遠恵子著 翔泳社

女性の地位・自立・創造性を重視し、仕事でも私生活でも女性らしさに縛られず、何よりも自由を大切にしたトーベ・ヤンソンの生き方に迫る。

『お笑いジェンダー論』 瀬地山角 著 勁草書房

『お笑いジェンダー論』 瀬地山角 著 勁草書房

「お笑い」と銘打ち、ジェンダーを身近な話題から解説する本書は、誰にでも理解しやすい。著者はセックスワークの問題を解きほぐしつつ、専業主婦を優遇する税制・社会保障制度の見直しを提言する。男女共同参画は「女性の問題」ではなく、むしろ『男性の問題」であるとし、対等なパートナーシップを訴える。

『わたしはマララーー教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』マララ・ユスフザイ、クリスティーナ・ラム著 学研パブリッシング

『わたしはマララーー教育のために立ち上がり、タリバンに撃たれた少女』マララ・ユスフザイ、クリスティーナ・ラム著 学研パブリッシング

教育を受ける権利を訴えて、イスラム武装勢力に銃撃されたパキスタンの少女の手記。彼女は2014年、史上最年少でノーベル平和賞を受賞した。反タリバンの象徴ではなく、自ら学ぶことで、自分が居る場所に疑問をもち主張する、彼女の聡明さと行動力に感心する。両親の育て方にも学ぶ点が多い。

『子連れシングルと子どもたちーーひとり親家族で育つ子どもたちの生活実態』神原文子 著 明石書店

『子連れシングルと子どもたちーーひとり親家族で育つ子どもたちの生活実態』神原文子 著 明石書店

ひとり親家庭に私たちが抱いているイメージは正しいのだろうか? しなやかに逞しく生きている子どももいるが、経済的な理由で希望の進学をあきらめる子も少なくない。子連れシングルの子どもたちへのインタビューとアンケート調査は私たちの先入観を変え、本当に必要な支援を考え直す機会となる。

『ジェンダーとセクシュアリティ』大越愛子・倉橋耕平 著 昭和堂

『ジェンダーとセクシュアリティ』大越愛子・倉橋耕平 著 昭和堂

現代社会におけるジェンダー、セクシュアリティの視点をてがかりに、ポストフェミニズムの諸問題に挑む若手研究者たちの意欲が伝わる。