新着図書

らぷらすでは、男女共同参画社会・ジェンダー関係を中心に、図書資料を収集しています。
新着資料をご紹介します。

『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』たんぽぽの家 編/学芸出版社

『ソーシャルアート 障害のある人とアートで社会を変える』たんぽぽの家 編/学芸出版社

障害のある人と、周囲でケアに携わる人々、芸術家・研究者たちが実践してきたソーシャルアートの25のレポート。表現においては障害や年齢はひとつの個性になる。一人ひとりの感じ方を認められ、表現者としての能力を発揮していくうちに、誰も気づかなかった新しい価値観や、交流と協力の自然な形が生み出されていく。

『丸刈りにされた女たち 「ドイツ兵の恋人」の戦後を辿る旅』藤森 晶子 著/岩波書店

『丸刈りにされた女たち 「ドイツ兵の恋人」の戦後を辿る旅』藤森 晶子 著/岩波書店

第二次世界大戦下、ドイツの占領から解放されたフランスで、ドイツ兵の恋人だったフランス人女性たちに対し、見せしめとして丸刈りにするという制裁行為が行われた。日本人留学生の著者が戦争の犠牲になったそんな女性たちに実際に会い、当時の状況やその後の人生について話を聞き綴った記録の一冊。

『子ども食堂をつくろう! 人がつながる地域の居場所づくり』滝岡 幸子 著/同文舘出版

『子ども食堂をつくろう! 人がつながる地域の居場所づくり』滝岡 幸子 著/同文舘出版

子どもの貧困対策だけでなく、地域の居場所づくりとして全国で広まりつつある「子ども食堂」を、立ち上げから運営方法までQ&A方式で紹介する。先輩こども食堂の体験談も多数。
「誰かがやってくれる社会」から「自分たちでできることを始められる社会」へ、「子ども食堂」のあり方を通して考えるきっかけになる。

『復興に女性たちの声を 「3.11」とジェンダー』村田晶子 編著 早稲田大学出版部

『復興に女性たちの声を 「3.11」とジェンダー』村田晶子 編著 早稲田大学出版部

災害による被害には、女性ゆえに被る被害がある。直接の被害に加え、性暴力やDVなどの危険が増し、さらに家事・育児・介護といった固定的性別役割分担をいっそう強いられるなど、平時の女性問題が多重の困難をもたらす。女性をエンパワーする復興支援とは何か、「震災後に考える」シリーズの1冊。日本の震災復興におけるジェンダーのレポートである。

『介護離職しない、させない』和氣美枝 著 毎日新聞出版

『介護離職しない、させない』和氣美枝 著 毎日新聞出版

「家族や大事な人の介護が始まったら、仕事を辞めるしかない」親などの介護に直面するとそのことが最優先になり、他の選択肢が見えなくなって離職する人や、ついには人生までも諦めてしまう人もいる。仕事と両立させ、介護しながら働くことが当たり前の社会にしていくことを願う著者の、「介護は情報戦」との視点を学べる1冊。