新着図書

らぷらすでは、男女共同参画社会・ジェンダー関係を中心に、図書資料を収集しています。
新着資料をご紹介します。

『イスラーム世界のジェンダー秩序』 辻上奈美江著 明石書店

『イスラーム世界のジェンダー秩序』 辻上奈美江著 明石書店

イスラム諸国の家族法、フェミニズム運動や、国際関係論とジェンダー視点から見る「アラブの春」とその影響を各国の歴史と詳細データで説明。

『山本美香が伝えたかったこと』 山本美香・ジャパンプレス著 山梨日日新聞社

『山本美香が伝えたかったこと』 山本美香・ジャパンプレス著 山梨日日新聞社

シリア取材中に凶弾に倒れたジャーナリスト。彼女が命をかけて伝えたかった戦争や被災地の写真と記事、インタビューがまとめられている。

『日本占領とジェンダー』 平井和子著 有志舎

『日本占領とジェンダー』 平井和子著 有志舎

軍隊を維持するために「性的慰安」は本当に必要なのか?日本占領をジェンダーの視点から問い直し、「軍隊と性暴力」の問題を再考する。

『戦争と性』 マグヌス・ヒルシュフェルト著 明月堂書店

『戦争と性』 マグヌス・ヒルシュフェルト著 明月堂書店

著者が主宰するベルリン性科学研究所による『世界戦争の性風俗』の日本語版。研究方法と平和を願うヒューマニズムが特徴的である。

『レイチェル・カーソン いまにに生きる言葉』 トゥーラ・カルヤライネン著 河出書房新社

『レイチェル・カーソン いまにに生きる言葉』 トゥーラ・カルヤライネン著 河出書房新社

『沈黙の春』で環境問題に警鐘をならしたレイチェル・カーゾン。その生涯と思想には、現代人に必要なメッセージがある。