新着図書

らぷらすでは、男女共同参画社会・ジェンダー関係を中心に、図書資料を収集しています。
新着資料をご紹介します。

『女性官僚という生き方』 村木厚子/秋山訓子 編 岩波書店

『女性官僚という生き方』 村木厚子/秋山訓子 編 岩波書店

長時間労働が当たり前とされてきた官僚という職業を選んだ女性たち。さまざまな年代の彼女たちが語る、仕事、家庭、そして子育ては、生き生きと働く女性の活躍こそが社会を変えるカギになるとあらためて思わせてくれる。国家公務員を目指す女性はもちろん、働く女性に読んでほしい1冊。

 

『心が軽くなる!気持ちのいい伝え方』 森田汐生 著 主婦の友社

『心が軽くなる!気持ちのいい伝え方』 森田汐生 著 主婦の友社

自分が本当に伝えたい大切なメッセージをシンプルかつ具体的にわかりやすく伝える。相手との会話のキャッチボールをしながら一緒に問題を解決していく。そんなコミュニケーションのスタイル「アサーティブ」な会話で、対人ストレスを減らし、さわやかな人間関係をつくる。

『夫が亡くなったときに読むお金の本』 内藤浩介著 東洋経済新報社

『夫が亡くなったときに読むお金の本』 内藤浩介著 東洋経済新報社

もし突然、夫が亡くなってしまったら・・・。たとえショックで頭の中が真っ白になっても、葬儀や各種届出、手続き、相続と、現実は押し寄せてくる。煩雑な届出・手続きにお手上げにならないように、誰にとっても必須の知識をシンプルにわかりやすく解説する。もしものときのチェックシート付き。

『永遠のピアノ』 シュ・シャオメイ 著/槌賀七代 監修 大湾宗定他 訳 芸術新聞社   集英社インターナショナル  

『永遠のピアノ』 シュ・シャオメイ 著/槌賀七代 監修 大湾宗定他 訳 芸術新聞社   集英社インターナショナル  

前半生を文化大革命に奪われた女性が、40歳で演奏家としてデビューする衝撃的自伝。革命の高揚に著者自身も煽られ、一度はピアノを放棄して再教育収容所での生活を強いられた。「音楽が生きる力を与えてくれた。」中国現代史の重要な証言であると同時に、芸術の意味をも問いかける。

 

『気仙沼ニッティング物語』 御手洗瑞子 著  新潮社

『気仙沼ニッティング物語』 御手洗瑞子 著  新潮社

「なにもないから始めよう」商品も毛糸もない、編み手もいないところから“世界中で一番かっこいい”王道のものを、と震災後の気仙沼で始め、持続的に地域に利益を還元できるまでにビジネスを成長させた著者。日本はもとより世界各地からも注文や見学が殺到している。種まき・芽吹き・苗の成長を経た今、木が大きな森になるよう100年続く会社を目指す物語。