新着図書

らぷらすでは、男女共同参画社会・ジェンダー関係を中心に、図書資料を収集しています。
新着資料をご紹介します。

『女のからだ―フェミニズム以後』荻野美穂著 岩波新書

『女のからだ―フェミニズム以後』荻野美穂著 岩波新書

70年代に全米で始まった「女の健康運動」と日本でのウーマンリブや生殖技術運動を振り返り、女のからだは女が考えるのが大切と説く。

『性と法律 変わったこと、変えたいこと』角田由紀子著 岩波新書

『性と法律 変わったこと、変えたいこと』角田由紀子著 岩波新書

離婚、親権、賃金差別、性暴力などの女性をめぐる問題に、弁護士の著者が法の問題点を指摘し、1ミリずつでも社会を変えようと提言する。

『おひとりシニアのよろず人生相談』樋口恵子著 主婦の友社

『おひとりシニアのよろず人生相談』樋口恵子著 主婦の友社

現在、65歳以上の女性は5人に1人がひとり暮らし。年金・遺言書・介護保険・医療保険・住宅に関する情報も提供し、準備が大切と説く。

『年を重ねることはおもしろい』吉沢久子著 さくら舎

『年を重ねることはおもしろい』吉沢久子著 さくら舎

ひとり暮らしは先だった夫からの贈り物と考え、日々大切に過ごす著者。その醍醐味と生活の工夫・ヒント、心の持ちようを語る。

『グリーフケア入門』高木慶子編著 上智大学グリーフケア研究所制作協力

『グリーフケア入門』高木慶子編著 上智大学グリーフケア研究所制作協力

地域社会から核家族社会への移行に伴い、喪失の悲嘆はより孤独化した。高まるグリーフケアへの要望・関心に応える入門書。